twitter に想う

 画像-0210.jpg

写真は、フォーコネクションで行ったプロジェクトで実現した、
「アナログシイッター」。(ツイッターのアナログ版を目指しました。)

最近、twitter でも遊んでいる。

twitter を使うと、
想いや情報を端的に伝えようと意識するようになるが、
思考がぶつ切りになる傾向もある。

いつでも情報が流れてきて、人も繋がりやすくなって枯渇はしないけど、
かなりの頻度でタイムラインを追っていないと、
情報を得られないような気になったり、
ひとり置いてけぼりにされるのではないかと感じ始める。


私だけだろうか。


過ぎてしまった、誰かのつぶやきに、
何かおもしろいことが書かれていたのではないかと
一瞬欲深くなる感じ。


必要なものは必ず手に入る。
どうしても必要なら手にいれようとする。
でも、twitter には、棚ぼたがある感じがする。

なぜなら、自ら情報を発信した事によって、
物凄いスピードで人と現実に繋がる事ができるから。


過剰な情報に溺れそうになりながら、誰かと手を繋ぐ感じ。

これは、良い悪いを判断しているのではない。


ただ、丸々一日全く twitter に触れなかった日に書いているだけのことだ。


離れてみると、見えてくるものがある。という、

それだけの話だ。


 



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links