4月21日:石巻の始業式と入学式。活動報告

※現在、石巻を中心に、学校や子ども達の教育と遊びの支援を行っております。
4月に入って数回被災地を訪れており、その報告は、
以下のサイトで仲間が紹介してくれていますのでご覧ください。


 
                      (撮影:たかはしじゅんいち氏)

4月21日から学校が再開した、石巻市の学校へ
始業式と入学式の写真を撮りに行ってまいりました。
(日帰りで!)


今回の訪問校は、
午前中に、牡鹿半島にある大原小学校谷川小学校の入学式・始業式。
午後からは、渡波中学校の入学式。


大原小学校には、専属のカメラマンがおらず、
先生方がデジカメで記録を残す、ということが決まっていました。
しかし、たかはしじゅんいち氏からの申し出に、
「プロに撮って頂けるなら、とても嬉しいです!」
とおっしゃっていただき、今回の撮影が実現することになりました。

実は、大原小学校では、谷川小学校という津波で大きな被害を受けた小学校を
受け入れています。
1つの校舎に、2つの学校が入っている。ということになるのですが、
このような学校は他にもあるようです。

                      (撮影:たかはしじゅんいち氏)

大原小学校は、新入生が6名。
「急きょ昨日1名増えたんです。」と1年生の担任になる先生が教えてくださいました。
教室はすでに準備がされていました。

                         (撮影:中川綾)

そして、体育館などの飾り付け、入学式・始業式をより想い出深いものにしようと
め組JAPANの方々が数日前から泊まり込んでいたそうです。
体育館や校舎の飾りつけは、本当に素敵でした。

↓め組JAPANのみなさん
                         (撮影:中川綾)

大原小学校と谷川小学校は、あくまでも違う学校です。
私は、式くらいは一緒にやるのかな?と想像していたのですが、
大原小学校は体育館で。谷川小学校は教室で。行われました。

最初は「せっかくなんだから一緒にやればいいのに」と思っていたのですが、
それぞれの式を拝見して、そういうものではないんだな。と思いなおしました。
各学校で、伝えておきたいこと、大切にしたいこと、は
当然ながら、似ているようで違うのです。

                      (撮影:たかはしじゅんいち氏)

大原小学校の始業式は、2年生から6年生までの16名で行われました。
新しく着任される先生方に向けての歌の練習もあり、
「カントリーロード」を聴くことができました。


その後、谷川小学校の始業式に参加。
谷川小学校は、新入生がいないので、始業式のみでした。

                      (撮影:たかはしじゅんいち氏)

7名の児童と、先生方の温かいやりとりのある始業式。
担任発表は、いつでもどきどきするものですね。


少し谷川小学校の校長先生とお話をさせて頂けたのですが、
谷川小学校は、校舎全体が大きな被害を受けたにも関わらず、
児童全員が助かったとのこと。
それを聞くことができて、本当にほっとしました。

                         (撮影:中川綾)

しかし、ほとんどの児童の家は流されてしまったそうで、
やはり、学校では明るく過ごしていても、
夜になると泣いたりする子もいる、と教えてくださいました。
私たち大人にできることは、子ども達の変化に気を配りながらも、
安心して日常を過ごしていける環境をつくることなのではないかと思わされました。


                      (撮影:たかはしじゅんいち氏)

その後、再び大原小学校の入学式へ。
緊張の面持ちで新入生6名が入場し、着席します。

保護者の方々だけでなく、多くの地域のみなさんも見えていました。

                         (撮影:中川綾)

地域で子ども達を祝う入学式です。

                         (撮影:中川綾)

それにしても、写真家・たかはしじゅんいち氏が、
集合写真を撮るための準備を始めた時の、
子ども達の興味津津な様子と言ったら!!


「こうして、写真家、という仕事もあるんだな、とインプットされたら嬉しいな」

と、たかはしさんがおっしゃっていたのが印象的でした。


                      (撮影:たかはしじゅんいち氏)

全ての式が終わって、帰るまでのバスを待つ間、
(現在、2つの小学校は別々にバスでの送り迎えがあります。)
め組JAPANの方々が、歌を歌ったり、風船を飛ばしたりして、
子ども達を楽しませてくれていました。


新年度の始まりです!



私たちは、入学式の写真をアルバムにして再訪問する約束をし、
2つの小学校を後にし、
被害を受けた谷川小学校の様子を見に行くことにしました。

車で15分くらいだったでしょうか。
私たちは、着いてすぐに、言葉を失いました。

                      (撮影:たかはしじゅんいち氏)

通学路は崩れ、

                         (撮影:中川綾)

体育館は跡かたも無く、

                         (撮影:中川綾)

                      (撮影:たかはしじゅんいち氏)

                         (撮影:中川綾)

校舎は吹き抜け、

                         (撮影:中川綾)

                 (撮影:中川綾)

大きな木が…。

                         (撮影:中川綾)

全員が無事に生きていてくれたこと、
先生方の選択と行動に感謝です。


牡鹿半島を後にする途中で、大原小学校の卒業生たちが
防波堤に描いた絵を撮影しました。

                      (撮影:たかはしじゅんいち氏)
                      (撮影:たかはしじゅんいち氏)

こうして毎年、卒業生たちが描き残していくものが、
来年もまた描かれますように。



次は、渡波中学校の入学式へ向かいます。

                      (撮影:たかはしじゅんいち氏)

今回は、事前に石巻でボランティア活動をしている、
わたなべくんからのお願いで、
渡波中学校の入学式の「飾りつけ」のお手伝いもさせていただいていました。
お手伝いと言っても、

・紙花のセット(上の写真に写ってますね!)
・習字セット
・輪かざり用セット
・「入学おめでとう」の文字

を現地に送ってほしい、という要望に応えただけなのですが、
「他に何があると入学式が華やかになるだろうか。」
EFCの仲間と相談したところ、

「生花!」

とのことだったので、
ゲキハナの古屋店長にお花をお願いしました。
(ゲキハナの理念はこちら

すると、

『やっと花屋の出番が来たか!』

と、なんと、ご寄付いただくことに!(感謝!!!!)

そのお祝いのお花はこちら。


きれい!派手!


日程がギリギリだったので、本当に間に合うか心配だったのですが、
ヤマト運輸はすごい!
送った次の日にはきっちり着いたそうです。


私たちは、ただ飾り付けグッズをお送りさせて頂いただけでしたので、
実際に体育館を飾り付けたのは、わたなべくんをはじめとするボランティアの方々。
実際に訪問するのがとても楽しみでした。

実はこの渡波中学校は、
津波で大きな被害にあっており、入学式と始業式は特別に体育館でできるものの、
授業そのものは、各学年違う学校でバラバラに受けることが決まっていました。

体育館も、事前に先生方とボランティアの方々が、
できる限り綺麗にしようと、泥をかき出し、掃除をして、
やっと実現した、という経緯もあります。

このように、学校全体がバラバラになっている例も少なくはないようです。

                         (撮影:中川綾)

そんな中行われた入学式に、続々と集まり、入口でクラス分けをチェックする
新入生たち。

                         (撮影:中川綾)


その横には、私の友人が書いてくれた「入学・進級おめでとう」の文字。

(ゆみちゃん、ありがとう!)


桜も待ち構えていたかのうように咲きほこり、
思わず先生方、切ってしまったようです。笑

                         (撮影:中川綾)

壇上には、桜とゲキハナからの生花が。

今回、お花をお贈りするにあたって、ゲキハナの古屋店長に、こう言われました。

「花っていうのは、あくまでも脇役。
 忙しい時には、なんとも思わないかもしれないけれど、
 全てが終わって、ほっとした時に、
 『ああ、花があって良かったね』と言ってもらえたらそれでいいんだよ。」

一人でもいい。そう思ってもらえていたら嬉しいです。


入学式が順調に始ったのを確認し、
私たちが次に向かったのは、湊水産

                      (撮影:たかはしじゅんいち氏)

私は3回目の訪問。たかはしさんは2回目の訪問です。

少し話は変わりますが、
たかはしさんは、あるプロジェクトを開始しています。
その名も、「hope for the future」 
被災地で過ごす方々を復興とともに定期的に写真撮影をし、
アルバムに入れて届け、届ける度に前回訪問時の写真を渡す。
という素敵なプロジェクトです。

なんと、その第1弾が、みなと水産の木村夫妻!!
ということで、お届けしました。

                 (撮影:中川綾)

奥様のやーやさんは、もらったアルバムを見て、

「どんな物資よりも嬉しい!!!」

と大喜びしてらっしゃいました。

前回の撮影から3週間弱。
お店の周りの様子も、笑顔も、違う。
確実に変化していることが分かる。
これこそ写真の素晴らしいところなのではないでしょうか。

私たちは、たかはしさんの活動をこれからも応援します!

もうお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、
今回訪問した、大原小学校や谷川小学校のみなさんにも、
次回訪問する際には、アルバムをお届けします!
ぱちぱちぱちぱち
(次回は、5月6日に訪問します!)

今回の訪問は日帰りという強行でしたが、
やはり、門出は笑顔がいっぱいです。

                         (撮影:中川綾)

お邪魔した私も、とっても元気になったのでした。
次回もまた、笑顔を増やせますように!


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links