本を出させてもらって感じていること

この10月に、学事出版から「みんなのきょうしつ」という本を
岩瀬直樹さんと共著で出させていただきました。


お読みくださったみなさま、ありがとうございます。

少しずつ感想も届きつつある中で感じたことは、
本という形で何かを発信すると、
喜んでくれる人や、お祝いしてくださる方がいらっしゃるのだ、
ということでした。

発信したいことが自分たちの方にあって、
むしろ、「出させていただいた」という感じがしているのにもかかわらず、
「おめでとう」
と言ってもらえる不思議な体験をしています。

今回は、1年ちょっと岩瀬さんと毎日やりとりして書き溜めていたものを
本にさせていただき、1から考える、というよりは、
どう整理したらいいんだ???というものだったので、
多くの著者のみなさまが感じているだろう「生みの苦しみ」のようなものは
あまり感じなかった、というのが本音のところです。
(すみません。)

ただその分、編集者の方々には本当にお世話になり、
私たちがどうにもこうにも整理できなかったものを、
あんなにスッキリとした本にしていただけたことは、
感謝してもしきることができません。

そんなわけで、
「ちょっと自分を客観的に見ることのできる位置」からの著書、
となったせいか、出来上がった本が手元に届いてから、
自分でもその本をパラパラと何度も読んでしまうのでした。
読んでみると、「そうだよねぇ」とか「いいこと言うねぇ」とか
岩淵先生や中谷先生に反応している自分もいます。笑

2年前にスタートした岩瀬さんとの「振り返り書簡」が、本になった。
とても不思議な気持ちです。

そして、
「振り返りを書きたくなった」とか
「岩淵先生と中谷先生と自分の3人で読んでいました」
などの声が聞こえてくることが、
とてもとても嬉しくて、
もっと、この「教員のための振り返りのやりとり」を、
いろんな形で広められたらいいなぁ、と
素直に思っています。

どう広めるのか、については、もう少し考えるお時間を頂戴して、
そのうち、ご案内できるようにしたいと思いますので、
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

中川綾

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links